研修プログラム

連携施設のご案内Program

上都賀総合病院

当院は、栃木県鹿沼市の中心地の一角にあり、医療法31条で定められるところの公的病院として栃木県西部2次保健医療圏の中心的な役割を担っています。鹿沼市、日光市、宇都宮市、栃木市のうち約15万人の方々のからだと心の健康の問題に向き合っています。また疾病の診断治療だけではなく、人間ドックや各種健診など疾病を未然に防ぐことにも力を入れています。平成26年10月落成いたしました。 高度医療機器も最新最上位のものに更新いたしました。 さらに救急医療、災害医療に備えてヘリポートも準備しております。 当院は世界遺産である日光東照宮に近く、多くの自然に恵まれています。鹿沼市は獨協医科大学のある壬生町とも隣接しており密接な協力関係あります。
ホームぺージ

上都賀総合病院

概要

指導医

西川 正能

医師数

常勤:2名、非常勤:4名、計:6名 

病床・患者数

病床数:352床(産婦人科 21床)
婦人科手術:約110件/年、分娩:約200例/年
1日当たりの平均外来患者数:50名

単年度専攻医受け入れ 可能人数

1名

疾患の比率

婦人科腫瘍

40%

周産期

50%

女性ヘルスケア

10%

研修の特徴
当院での研修の特徴は正常経過の周産期、婦人科良性腫瘍を中心として経験・習得できることです。予定帝王切開、良性腫瘍手術等で基本的な手術手技を習得してもらえます。また、妊婦健診、初診、再診をといった外来診療を早い時期から担当することにより診断、治療へのプロセスを自分で考えと上級医と相談とで身に着けていけます。
悪性腫瘍手術は積極的に行っておりませんが、化学療法は入院、外来で行っております。外照射による放射線治療設備もあります。緩和ケア病床があり、緩和ケアチームの協力が得やすいこともあり悪性腫瘍は初期治療から終末期医療までを経験することができます。現在常勤者が少人数であるため入院患者全員を医師全員で把握し、密なカンファレンスを頻回に行いながら治療に向かうことができます。


研修施設群Training hospital group

Copyright©2021 Department of Neurology, Dokkyo Medical University All rights reserved.