研修プログラム

研修プログラムProgram


資料3 獨協医科大学産婦人科専門医養成コース/B.プログラムの具体例

資料3 獨協医科大学産婦人科専門医養成コース/B.プログラムの具体例

B. 獨協医大産婦人科施設群専門研修プログラムの具体例

産婦人科専門研修プログラムは、獨協医科大学病院の後期研修プログラムにおける専門コースの一部ではじめの3年間が本プログラムに相当する。専攻医は3年間で修了要件を満たし、ほとんどは専門医たる技能を修得したと認定されると見込まれる。修了要件を満たしても技能の修得が足りない場合、病気や出産・育児、研究や留学などのため3年間で研修を修了できなかった場合は1年単位で研修期間を延長し、最終的に専門医を名乗るに足る産婦人科医として、修了年の翌年度(通常後期研修の4年目)に産婦人科専門医試験を受検する。専門医を取得して産婦人科専門研修プログラムの修了と認定する。この4年目は産婦人科専門医取得とその後のサブスペシャルティ研修開始の重要な時期である。
 研修は基幹施設である獨協医科大学病院産婦人科ならびに栃木県内もしくは埼玉県内の連携施設にて行い、連携施設での1年間のローテートを基本とする。大学においては、婦人科悪性腫瘍および合併症妊娠や胎児異常、産科救急、体外受精などの不妊治療を中心に研修する。大学での研修の長所は、一般市中病院では経験しにくいこれらの疾患を多数経験ができることである。3年間の研修期間のうち1年6ヶ月から2年間(少なくとも1年間)は基幹施設で最重症度の患者への最新の標準治療を体験する。
 一方、大学外の連携施設おいては、地域医療、一般婦人科疾患、正常妊娠・分娩・産褥や正常新生児の管理、腹腔鏡検査・手術等を中心に研修する。
外来診療および入院診療は治療方針の立案、実際の治療、退院まで、指導医の助言を得ながら自ら主体的に行う研修となる。

Copyright©2021 Department of Neurology, Dokkyo Medical University All rights reserved.