スタッフ紹介

宮本 敏伸

学内准教授

学歴・職歴

旭川医科大学医学部卒業(1993年)
旭川医科大学大学院医学研究科入学(1993年)
長崎大学医学部原研遺伝学講座(新川詔夫教授)に国内留学(1995年から2年間)
旭川医科大学大学院医学研究科卒業、医学博士(1997年)
旭川医科大学病院産婦人科医員(1997年)
日本学術振興会海外特別研究員としてアメリカ合衆国NIH(Dr. Heiner Westphal)へ留学(1998年)
Visinting Fellowとしてアメリカ合衆国NIHへ留学(2000年)
NIHへの留学は合計4年間
旭川医科大学病院産婦人科医員(2002年)
旭川医科大学医学部産婦人科学講座助教(2003年)
旭川医科大学医学部産婦人科学講座講師(2009年)
北海道大学大学院医学研究科客員准教授(2010年)
日本赤十字社北海道血液センタ−非常勤医師(2020年)
獨協医科大学医学部産婦人科学講座学内准教授(2021年)

E-mail

t-miyamoto@dokkyomed.ac.jp

専門分野

生殖医学、精子学、分子遺伝学

研究課題

ヒト男性不妊症の原因遺伝子解明および臨床医学への応用

キーワード

無精子症、減数分裂、SCOS、mutation

研究業績

主な論文

  1. Miyamoto T, Shin, T Iijima M, Minase G,Okada H, Saijo Y, Sengoku K. The poly(A) polymerase beta gene may not be associated with azoospermia caused by Sertoli-cell-only syndrome in Japanese patients by comparing patients and normal controls. J Obstet Gynaecol. 39: 434-436. 2019.
  2. Miyamoto T, Iijima M, Shin T, Minase G, Ueda H, Saijo Y, Okada H, Sengoku K. An association study of the single nucleotide polymorphism c190C>T (Arg64Cys) in the human testis-specific histone variant, H3t, of Japanese patients with Sertoli cell-only syndrome. Asian J Androl. 20: 527-528. 2018.
  3. Miyamoto T, Bando Y, Koh E, Tsujimura A, Miyagawa Y, Iijima M, Namiki M, Shiina M, Ogata K, Matsumoto N, Sengoku K. A PLK4 mutation causing azoospermia in a man with Sertoli cell-only syndrome. Andrology. 4: 75-81. 2016.
  4. Miyamoto T, Koh E, Tsujimura A, Miyagawa Y, Minase G, Ueda Y, Namiki M, Sengoku K. SIN3A mutations are rare in men with azoospermia. Andrologia. 47:1083-1085. 2014.
  5. Miyamoto T, Hasuike S, Yogev L, Maduro MR, Ishikawa M, Westphal H, Lamb DJ. Azoospermia in patients heterozygous for a mutation in SYCP3. Lancet. 362: 1714-1719. 2003.

researchmap

所属学会

日本産婦人科学会(専門医)
日本生殖医学会(専門医)
日本生殖医学会(代議員)
日本人類遺伝学会

Copyright©2021 Department of Neurology, Dokkyo Medical University All rights reserved.