スタッフ紹介

三橋 暁

主任教授

三橋 暁

学歴・職歴

弘前大学医学部卒業(1990)
千葉大学医学部附属病院 産科婦人科 研修医(1990)
長野県立須坂病院(1991)
小見川総合病院(1994)
千葉大学医学部附属病院 産科婦人科 医員(1995)
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 助手(1998)
千葉大学大学院医学研究院 生殖機能病態学 助手(2004)
千葉大学大学院医学研究院 生殖機能病態学 講師(2006)
千葉大学大学院医学研究院 生殖医学 准教授(2010)
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 診療教授(2018)
獨協医科大学産科婦人科 主任教授 (2020)

E-mail

a-mitsu(あっとまーく)dokkyomed.ac.jp

専門分野

婦人科悪性腫瘍、子宮体癌、子宮頸癌

研究課題

肥満・インスリン抵抗性を標的にしたメトホルミンの子宮体癌予防にむけた臨床的研究
エストロゲン依存性子宮体癌発癌過程の解明
子宮体癌に対するメトホルミンの臨床応用にむけた研究
子宮体癌代謝プロファイル異常の解明

キーワード

子宮体癌、インスリン抵抗性、妊孕性温存療法

研究業績

主な論文

  1. Mitsuhashi A, Shozu M. New therapeutic approaches for the fertility-sparing treatment of endometrial cancer. J Obstet Gynaecol Res. 46(2):215-222, 2020
  2. Mitsuhashi A, Habu Y, Kobayashi T, Kawarai Y, Ishikawa H, Usui H, Shozu M. Long-term Outcomes of Progestin Plus Metformin as a Fertility-Sparing Treatment for Atypical Endometrial Hyperplasia and Endometrial Cancer Patients. J Gynecol Oncol 30 (6): e90, 2019.
  3. Mitsuhashi A, Usui H, Nishikimi K, Yamamoto N, Hanawa S, Tate S, Watanabe-Nemoto M, Uno T, Shozu M. The Efficacy of Palonosetron Plus Dexamethasone in Preventing Chemoradiotherapy-induced Nausea and Emesis in Patients Receiving Daily Low-dose Cisplatin-based Concurrent Chemoradiotherapy for Uterine Cervical Cancer: A Phase II Study. Am J Clin Oncol. 40(2): 118-21, 2017
  4. Mitsuhashi A, Sato Y, Kiyokawa T, Koshizaka M, Hanaoka H, Shozu M. Phase II study of medroxyprogesterone acetate plus metformin as a fertility-sparing treatment for atypical endometrial hyperplasia and endometrial cancer. Ann Oncol.27(2):262-6, 2016
  5. Mitsuhashi A, Kiyokawa T, Sato Y, Shozu M. Effects of metformin on endometrial cancer cell growth in vivo: A preoperative prospective trial. Cancer. 120(19):2986-95,2014

Researchmap

所属学会

日本産科婦人科学会(専門医・指導医)
日本婦人科腫瘍学会 (婦人科腫瘍専門医・指導医)
日本臨床細胞学会(細胞診専門医・教育研修指導医)
日本女性医学学会(女性ヘルスケア専門医)
日本産科婦人科内視鏡学会
日本内分泌学会
日本ロボット外科学会
日本婦人科ロボット手術学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本遺伝カウンセリング学会
IGCS

Copyright©2021 Department of Neurology, Dokkyo Medical University All rights reserved.