スタッフ紹介

長谷川 清志

特任教授

長谷川 清志

学歴・職歴

慶應義塾大学医学部卒業(1985年)
慶應義塾大学病院 産婦人科(1985年)
埼玉メディカルセンター産婦人科(1986年)
伊勢慶應病院産婦人科(1987年)
慶應義塾大学病院 産婦人科(1988年)
埼玉メディカルセンター産婦人科(1991年)
藤田保健衛生大学病院 産婦人科 助手(1995年)
           同 講師(1998年)
           同 准教授(2004年)
獨協医科大学 産科婦人科 准教授(2013年)
           同 学内教授(2015年)
志聖会 総合犬山中央病院 産婦人科(2018年)
獨協医科大学 産科婦人科 特任教授(2020年)

E-mail

hasek(あっとまーく)dokkyomed.ac.jp

専門分野

婦人科腫瘍学、細胞診断学

研究課題

婦人科がんにおける炎症性パラメータおよび栄養指標と予後との関連
終末期卵巣癌患者に対する化学療法の適否を判断する客観的指標の検索
卵巣明細胞癌に発現する血小板凝集因子ポドプラニン(D2-40)の意義

キーワード

婦人科がん、予後因子

研究業績

主な論文

  1. 1. Kiuchi K, Hasegawa K, Ochiai S, Motegi E, Kuno T, Kosaka N, Fukasawa I. Prognostic significance of inflammatory parameters and nutritional index in clinical stage IVB endometrial carcinomas. J Obstet Gynaecol. 2019; 39(2): 237-241.
  2. 2. Hasegawa K, Torii Y, Kato R, Udagawa Y, Fukasawa I. The problems of cervical conization for postmenopausal patients. Eur J Gyneacol Oncol. 2016; 37(3): 327-331.
  3. 3. Hasegawa K, Ishikawa K, Kawai S, Torii Y, Kawamura K, Kato R, Tsukada K, Udagawa Y. Overcoming paclitaxel resistance in uterine endometrial cancer using a COX-2 inhibitor. Oncol Rep. 2013; 30: 2937-2944.
  4. 4. Hasegawa K, Kawamura K, Kato R, Komiyama S, Kaneko C, Udagawa Y. The Effects of the Selective Cyclooxygenase-2 Inhibitor on Endometrial Cytological Findings in Uterine Endometrial Cancer Patients. Acta Cytol. 2012; 56(4): 394-400.
  5. 5. Hasegawa K, Okamoto H, Kawamura K, Kato R, Kobayashi Y, Sekiya T, Udagawa Y. The effect of chemotherapy or radiotherapy on thymidine phosphorylase and dihydropyrimidine dehydrogenase expression in cancer of the uterine cervix. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 2012; 163 (1); 67-70.

Researchmap

所属学会

日本産科婦人科学会(専門医・指導医) 
日本婦人科腫瘍学会(婦人科腫瘍専門医・指導医)
日本臨床細胞学会(細胞診専門医・細胞診教育研修指導医)
日本がん治療認定医機構・がん治療認定医
母体保護法指定医
日本医師会認定産業医
日本ヒト細胞学会
日本女性医学学会
日本癌治療学会
日本産科婦人科内視鏡学会
日本婦人科感染症学会
日本婦人科がん検診学会
日本産婦人科手術学会
日本婦人科病理学会
SNNS (Sentinel Node Navigation Surgery) 研究会
IGCS (International Gynecologic Cancer Society)
ASGO (Asian Society of Gynecologic Oncology)

Copyright©2021 Department of Neurology, Dokkyo Medical University All rights reserved.