研修プログラム

研修プログラムProgram


7.専門研修実績記録システム、マニュアル等の整備

[1] 研修実績および評価を記録し、蓄積するシステム

 研修管理システムに研修実績を記録蓄積し、到達度評価、フィードバックの実施と記録を行う。総括的評価は産婦人科研修カリキュラム(資料1)に則り、研修を修了しようとする年度末に行う。

[2] 人間性などの評価の方法

 到達度評価、は指導医、専攻医自身により行う。総括的評価はプログラム統括責任者プログラム連携施設担当者(施設責任者)、医師以外のメディカルスタッフ、指導医、専攻医自身の評価である。評価は産婦人科研修管理システムでおこなう。

[3] プログラム運用マニュアル・フォーマット等の整備

 プログラム運用マニュアルは以下の専攻医研修マニュアルと指導者マニュアルを用いる。専攻医研修実績記録フォーマットと指導医による指導とフィードバックの記録を整備する。指導者研修計画(FD)の実施記録を整備する。

● 専攻医研修マニュアル
 別紙「専攻医研修マニュアル」(資料6)参照。

● 指導者マニュアル
 別紙「指導医マニュアル」(資料7)参照。

● 専攻医研修実績記録フォーマット
 産婦人科研修管理システムに研修実績を記録し、一定の経験を積むごとに専攻医自身が到達度評価を行い記録する。少なくとも1年に1回は到達度評価により、学問的姿勢、生殖内分泌、周産期、婦人科腫瘍、女性のヘルスケアの各分野の形成的自己評価を行う。研修を修了しようとする年度末には総括的評価により評価を行う。

● 指導医による指導とフィードバックの記録
 産婦人科研修管理システムに一定の経験数が記録され専攻医自身が到達度評価を行うごとに、指導医も到達度評価を行い記録し、産婦人科研修管理システム上でフィードバックする。少なくとも1年に1回は学問的姿勢、生殖内分泌、周産期、婦人科腫瘍、女性のヘルスケアの各分野の到達度評価を行い、評価者は「劣る」、「やや劣る」の評価を付けた項目については必ず改善のためのアドバイスを行い記録する。

● 指導者研修計画(FD)の実施記録
 日本産科婦人科学会が指定する指導医講習会(註1)の受講は個人ごとに電子管理されており(H27.4.1.以降)、指導医の認定および更新の際に定められた期間における3回以上の受講が義務づけられている。

註1) 指導医講習会には[1]日本産科婦人科学会学術講演会における指導医講習会、[2]関東連合産科婦人科学会学術集会における指導医講習会、[3]日本産科婦人科学会が作成するe-learning による指導医講習、[4]第65回および第66回日本産科婦人科学会学術講演会において試行された指導医講習会が含まれる。指導医講習会の回数にはe-learningによる指導医講習を2回含めることができる。ただし、出席した指導医講習会と同じ内容のe-learningは含めることができない。

Copyright©2021 Department of Neurology, Dokkyo Medical University All rights reserved.